名入れ傘ができるまで

ここでは、シルクスクリーン印刷による名入れの様子をご紹介します。傘はステッカーやTシャツの様に平らではないので、湾曲した部分を安定させるため専用の台を作り、下の写真のように1本ずつ手刷りで印刷をしていきます。刷り上った後は、数十本、数百本の傘を広げた状態で数時間にわたって自然乾燥させる等、手間のかかる作業になりますが、お客様のご希望に沿うべく1本1本丁寧に製作をさせて頂いております。

また、商品によってロットは異なりますが500本〜1000本程度本数がまとまる場合は、海外生産も可能です。こちらは製品になる前の段階で生地に印刷をする為、多色印刷や全面印刷が可能な上、さらに低コストで製作することが出来ます(船便につき納期は60日〜90日程)。海外生産をお考えの方はお見積りをさせて頂きますので、お気軽にご依頼下さい。

名入れてきるまて2.jpg

※一度名入れのご注文を頂いた版は、3年を目安に保管させて頂きます(生地の劣化等により、この限りではございません)。版が使用できる状態であれば、追加のご注文の際に版代相当分を差し引かせて頂きますので、一度目よりもさらに格安・短納期にて承ることができます。尚、名入れ内容(ロゴ・文字)が同じであれば2回目以降の色を変えることは料金UPなしで可能です。